会社概要

社名 株式会社スズデン
英文社名 SUZUDEN Corporation
代表者 代表取締役社長 鈴木 馨(すずき かおる)
本社所在地 東京都板橋区熊野町3番3号
電話番号 03-3959-9851
創業 昭和22年(1947年)
設立 昭和44年(1969年)9月18日
資本金 7,275万円
役員数 5名
従業員数 90名(2019年4月1日現在)
主要事業内容
  • 電気設備一般に関する設計監督施工請負業務
  • 電気通信設備一般に関する設計監督施工請負業務
  • 給排水設備一般に関する設計監督施工請負業務
  • 消防設備一般に関する設計監督施工請負業務
  • 建設設備維持管理業務(マンションの電気・消防・テレビ共視聴設備・ 住宅情報盤等の維持管理ならびに24時間緊急出動体制)
  • 建設工事に関する電気設備機器の製造加工及びリース業務
建設業許可証 電気工事業、管工事業  国土交通大臣許可(特-27)第14778号
電気通信工事業、消防施設工事業 国土交通大臣許可(般-27)第14778号
事業所案内
  • 中丸事業所
    東京都板橋区中丸町16-4 藤和シティコア池袋2F
  • 横浜営業所
    神奈川県横浜市神奈川区浦島丘2-27
  • 岩槻機材センター
    埼玉県さいたま市岩槻区飯塚342-1
関連会社 株式会社スズデン販売
東京都豊島区北大塚2-10-5 北大塚BMAビル6F
主要取引銀行 三菱UFJ銀行、りそな銀行、みずほ銀行、朝日信用金庫、商工中金
主要取引先 株式会社長谷工コーポレーション、株式会社長谷工コミュニティ、独立行政法人都市再生機構、日本総合住生活株式会社、株式会社URコミュニティ、株式会社大京アステージ、株式会社三菱地所コミュニティ、東京都板橋区、東京都練馬区 他

スズデン50年のあゆみ

創業から現在まで電気工事を基にマンションの設備点検、設備機器の工事、省エネ関連工事等で事業の拡大・技術の革新を追求し続け、今日まで半世紀に及ぶ歴史を重ねてきました。

1947年
電材総合卸会社として新橋に「鈴木商店」を創業
1969年
電気工事業の将来性に着目し、社名を「鈴電工業株式会社」と改め電気工事会社として出発
1971年
マンション建設現場等の仮設電源及び照明灯の改良に着手
1972年
特許取得、鈴電式スズラン灯・分岐ケーブルの製造を開始


1975年
鈴電式スズラン灯・分岐ケーブルの本格的製造・販売を目的に「鈴電販売株式会社」を設立
1981年
株式会社長谷工管理(現長谷工コミュニティ)の協力会社として、集合住宅の設備点検及び関連工事を行う株式会社東京エム・エム・シーを設立
1983年
東京都板橋区熊野町に「鈴電ビル」を建設
1989年
グループ保有機材の整備ならびにスズラン灯・分岐ケーブルの研究・試作を目的とした岩槻機材センターを設立
1990年
鈴電工業、鈴電販売、東京エム・エム・シー3社をスズデングループとし、社名をそれぞれ
株式会社スズデン、株式会社スズデン販売、株式会社スズデン・エム・エム・シーに改称。
新しく統一ロゴとシンボルマークを制定した。


1999年
経営合理化を目的に、株式会社スズデンと株式会社スズデンエム・エム・シーが合併、商号を株式会社スズデンとした。
2005年
ユニットケーブル工法を開発


2010年
「LED照明器具及び製造方法」国内3件(うち1件は国際)特許取得
2013年
太陽光発電・高圧一括受電等省エネ事業に参入
2018年
売上高27億円超え、過去最高益を出し順調に業績を伸ばす
2019年
創立50周年を迎える